包茎治療切ってません

体のコンプレックスって、なんでも手術すればいいというわけではないんです。
実は、包茎の治療法においても、必ずしも包茎手術をする必要はないわけです。
簡単に言うと、切らない包茎治療というのが、あって、余ってる包皮を剥いて、根元の方に固定し、剥けグセをつけるという方法です。
多くのクリニックは、糸で縫合して、クセづけするようです。中には、糸で縫わずに医療用の接着剤を使用するところもあります。
ただし、この方法が可能なのは、仮性包茎でも症状が軽めのものです。同じ仮性包茎でも、切らずに治療が可能かどうかというのは、実際にクリニックで診断してもらわないとわからないようですけど。。。で、この切らない包茎治療のメリットは、約10分程度の短時間でできることと治療後もその日にシャワーが可能だったりすることです。要するに日帰りでできてしまうのです。
逆にデメリットとしては、軽度の仮性包茎の方にしかできない点です。あと、仮性包茎の症状によっては効果が長持ちしないこともあり、包皮がもとに戻ってしまう場合もあります。その場合は、再治療が必要になるんですよね。
まぁ、切らずに済む包茎治療だと費用も安く済ませられるので、お得と言えばお得ですが。。。切るか切らないか、選択に悩むところです。
包茎などの身体的なコンプレックスの解消法は、あくまでも自分が納得できるかどうかなので、実際にクリニックに行ってみて、カウンセリングを受け、自分が理想とする状態をしっかりと医師に伝えることだと思います。ちなみに、僕は切らない包茎治療で、仮性包茎から脱却できましたよ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA